わかりやすく統合失調症を解説します | 統合失調症チェックナビ

統合失調症は100人に1人はかかる可能性がある病気です

統合失調症の説明をする女性

 

脳の統合機能が一時的にそこなわれる病気です

統合失調症の「統合」とは、思考や行動、感情などを一つの目的にそってまとめていく能力のことです。つまりノ統合失調症とは、「脳の統合機能が一将的に失調する病気」であり、そのために、幻覚(幻聴)や妄想などさまざまな特徴的な症状があらわれる病気です。

 

 

また、統合失調症でいちばん問題となるのは、陰性症状や認知機能障害などが治療後も長く残るために、日常生活や社会生活がスムーズに営めなくなることです。この「生きづらさ」をどう改善するかが、特に社会復帰にあたっては大きなカギとなります。

 

 

100人に1人はかかるありふれた病気です

統合失調症は、世界的に、機能障害(細胞・組織・器官などが正常な働きをしない状態)の主要原因の第9位を占めます。また、人口の約1%が生涯に一度はこの病気にかかるといわれます。統合失調症は決して特殊な病気ではありません。

 

【スポンサードリンク】

 

 

人口の1%というと、日本には100万人程度の統合失調症の人がいると考えられますが、厚生労働省の調査(2011年)では、日本の統合失調症の患者さんは約70万人とされています。

 

これは、発症していても気づいていなかったりヽいろいなな理由で受診を中断している人が多いためと思われます。

 

発病しやすい年齢は、思春期から30歳までが多く、全体の70〜80%を占めます。

 

平均の発症年齢は男性が27歳、女性が30歳で、男性のほうが多少発症年齢が低い傾向があります。女性では、40〜45歳に2度目の発症の小さなピークがあり、この時期の発病は男性より数倍多くなっています。

 

10歳以下で発症するケースは1%未満ですが、まれに小学生でも発症することがあります。また、中年、あるいは初老にさしかかってから発症することもあります。

 

発症のピークが10代半ばから20代前半にあることは確かですが、最近は発症する年齢の幅が広がりつつあります。

 

男女比については、はっきりした男女差はありませんが、やや男性のほうが多いという報告もあります。

 

発症の契機としては、受験や就職といった人生の節目や、恋愛、結婚、出産(女性)など大きな環境の変化があった場合が多いようです。

 


【スポンサードリンク】