わかりやすく統合失調症を解説します | 統合失調症チェックナビ

統合失調症では抗精神病薬の足りない部分を補ったり、副作用を抑えたりするために補助的に使われる治療薬があります

統合失調症の抗精神病薬以外の薬

 

副作用を抑える抗パーキンソン病薬

統合失調症の治療では、抗精神病薬のほかに、必要に応じて抗精神病薬と併用して「補助的に」使われる薬があります。

 

抗パーキンソン病薬は、その名の通り、パーキンソン病の治療に使われる薬ですが、抗精神病薬の副作用で錐体外路症状(パーキンソン症状急性ジストニア、アカシジアなど)が出た場合などに使われます。薬としては、抗コリン薬や抗ヒスタミン薬が使われます。

 

 

抗パーキンソン病薬は、抗精神病薬を飲みはじめて数週間以内に起こる副作用に対しては有効ですが、遅発性ジスキネジアのように数年以上たってからあらわれる副作用には無効、あるいは有害といわれていますまた、抗コリン薬は口の渇きや便秘排尿困難、抗ヒスタミン薬には、これらに加えて眠気が出ることがあります。

 

 

不安やイライラを抑える抗不安薬

抗不安薬は不安やイライラ、緊張などをやわらげる目的で使われる薬で、一般には「精神安定剤」と呼ばれるものです。

 

現在使われている抗不安薬の多くは「ベンゾジアゼピン系」の抗不安薬ですが、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬には、神経の興奮をしずめる神経伝達物質GABAの活性を高める働きがあります。

 

ベンゾジアゼピン系の抗不安薬は、効果が速くあらわれる反面、倦怠感やふらつき、眠気、集中力の低下などの副作用があるほか、依存性が生じやすいという問題があります。服用を急にやめると、心身に変調をきたす場合があります。

 

【スポンサードリンク】

 

睡眠を得やすくする睡眠薬

睡眠薬は睡眠障害に対して使われます。作用時間が長い長時間作用型の睡眠薬は、翌日に眠気やふらつきなどが起こることもあります。まな睡眠薬にも軽い依存性があるため、急にやめると不眠やイライラ感がつのることがあります。

 

 

うつ状状態を抑える抗うつ薬

抗うつ薬は、うつ病やうつ状態に対して使われます。抗うつ薬には、三環系抗うつ薬、四環系抗うつ薬、SSRI、SNRI、NaSSAなど多くの種類があり、少しずつ効果が違います。副作用としては、強い
眠気、頭痛、食欲不振、立ちくらみ、口の渇き、便秘、性機能障害などがあります。

 

 

気分の波を安定させる気分安定薬

気分安定薬(気分調整薬)は、幻覚・妄想と躁うつ気分がまじり合っているような場合に、躁とうつの両方の気分の波を安定させる働きがあります。気分安定薬には、リチウム(商品名:リーマス)などがあります。

 

ただし、リチウムを多量に用いると、「リチウム中毒」を起こし、手のふるえ、吐き気、めまい、言葉のもっれ、意識障害、発熱、発汗、下痢などの症状が出ることがあるので、血中の濃度を調べながら投与します。ほかに、口の渇き、食欲不振、脱力・倦怠感などの副作用が出ることがあります。

 

 

また、抗精神病薬といっしょに飲む場合には、相互作用で副作用が強まるおそれがあるので、服用の期間を考慮する必要があります。

 

そのほか、補助治療薬として、気分の波が激しい場合や攻撃性が高い場合などに、てんかんの治療薬であるカルバマゼピン(商品名:テグレトール)を併用することがあります。カルバマゼピンには、副作用として、まれに重い皮膚症状が出る場合があります。

 


【スポンサードリンク】

関連ページ

統合失調症の適切な治療を受けるのは、まず専門医を探しましょう
統合失調症の患者を病院に連れていく方法
統合失調症は似た病気があるので診断には慎重な見極めが必要です
統合失調症の治療は通常は通院して行います
統合失調症の治療の基本方針は薬物治療とリハビリです
統合失調症の急性期の治療は静かな環境でしっかり休息することが大切です
統合失調症の慢性期の治療はリハビリを並行しながら進めます
統合失調症の薬物治療に使う抗精神病薬は副作用の少ない非定型抗精神病薬が主流です
抗精神病薬の使い方とで減量していく方法はゆっくりと行うことがポイントです
抗精神病薬には危険な副作用もあるので注意が必要です
薬が使えない場合は電気刺激による治療法を行います
統合失調症の生活のしづらさを改善するにはリハビリが必要です
支持的精神療法とは統合失調症の患者さんを精神的にバックアップする治療です
統合失調症の歪んだ認知を改善する認知行動療法
認知機能のリハビリは社会復帰のためにも重要です
生活技能訓練(SST)は認知行動療法に基づいたリハビリです
作業療法はリハビリとしても実績がありストレス解消に効果的です
デイケアは社会復帰に向けて積極的に活用したいリハビリの場です
統合失調症の治療で入院するのはメリットもデメリットもあります
統合失調症の入院形態の種類は任意入院と強制入院があります
統合失調症の患者さんで自覚が無い時は入院を拒否することもあります
統合失調症の入院施設には閉鎖病棟と開放病棟があります
統合失調症は症状が治まれば原則としていつでも退院できます
医師や病院と信頼関係が築けない場合は転院も選択肢の一つです