わかりやすく統合失調症を解説します | 統合失調症チェックナビ

統合失調症では支持的精神療法の目的は不安解消と精神の安定です

精神療法で明るくなる統合失調症の男性

 

あくまでも患者さんを支えることが目的です

精神療法とは、治療者(精神科医など)が、さまざまな方法で患者さんに働きかけを行う治療法のことをいいます。精神療法には多くの治療法がありますが、統合失調症の場合は、「支持的精神療法(支持療法)」と呼ばれる方法で行います。

 

支持的精神療法の「支持」には、患者さんを精神的にバックアップするといら意味合いがあります。

 

支持的精神療法は、患者さんが日々の生活の中で感じている不安や、悩み、孤独感、心配ごとなどについていっしょに考え、どうしたらよいか、その解決の糸口を見つけていく、一種の「カウンセリング」です。

 

この療法は、もっぱら会話(言葉)を介して行うところが、SST(生活技能訓練)などといったほかのリハビリテーションと異なる点です。医師と患者さんとのコミュニケーションによって成立する治療なので、お互いの相性(あるいは医師への信頼)が非常に重要となります。

 

支持的精神療法の目的は、患者さんの不安解消や精神の安定をはかることにありますので、患者さんが医師とやりとりをする中で、不安が少しでも解消したり、心が落ち着いてくるようであれば、この療法の効果があらわれてきたと考えてよいでしょう。

 

 

大切なことは、支持的精神療法の主役は患者さん自身だということです。治療者は「患者さんを支える」ことを目的としていますので、治療者は、原則として、患者さんの行動や考えを批判したり、人格や成育環境などに深く立ち入ったりはしません。

 

 

また、治療者は、患者さんの訴えに対し、よいとか悪いとか、まちがっているというような「価値判断」は行いません。さらに、根拠のない励ましも禁物です。あくまでも患者さんの話すことを支持することによって、患者さんの気持ちを楽にさせ精神的に「自立」できるようにして回復させていきます。

 

支持的精神療法の3つの特徴

  1. 受容 … 何をいっても受け止めてくれる。
  2. 傾聴 … 指示を出さずまず話を聞いてくれる
  3. 共感 … 悩みや心配を自分のことのように理解しようとしてくれる。

 

【スポンサードリンク】

 

会話の積み重ねが大切な情報となります

支持的精神療法は一種のカウンセリングなので、「いまから治療をはじめます」といった、改まったものではありません。日ごろの診察で患者さんと会うときにも、医師は支持的精神療法の観点から、さまざまな話をしていきます。どんな話をするのか、次にいくつか例をあげてみましょう。

 

  • 患者さんの中には、「自分は統合失調症ではない、だから薬も必要ない」と、薬を飲みたがらない人がいます。そういう患者さんには、自分が病気であることを理解してもらう、つまり「病識」を持ってもらえるような話をします。眠れなかったり、疲れたり、周囲となじめず孤独に感じているのを、どうしたら治せるかといった角度から話すこともあります。
  • 幻聴が聞こえたり、被害妄想におちいっている患者さんには、その症状のことよりも、現在どのような環境にあるか、家族との関係などについて聞くことがあります。そのことで、患者さん自身に、いま自分がどんな状態にあるかを理解してもらえるようにします。

 

患者さんの悩みや不安、心配ごとは、それぞれの患者さんの病気の段階、病気によるトラブル、あるいは薬の副作用、家庭環境、本人の性格、人間関係など、さまざまな要因がからまり合っています。
医師は、面談している短い時間の中で、患者さんの表情やしぐさ、何げない世間話などから、背景にあるいろいろな要因を見つけ出し、医師の目で分析したり、整理しながら話をしていきます。

 

また、患者さんの症状の変化や心の動きなどから、できるだけ多くの情報を受け取り、それを治療に役立てていきます。

 

 

支持的精神療法は、医師と患者さんとのコミュニケーションの積み重ねがベースとなり、それによって適切なカウンセリングが生まれますので、相性の問題もありますが、自分に合った医師を見つけたら、なるべく継続した治療を受けることが大切です。

 

 

集団精神療法

集団精神療法は、複数の患者さんが集まり、それぞれの個人的な体験や各自のかかえでいる心の問題を率直に話し合うことで、自分の心の問題を客観的に認識し、同時に困難な状況を乗り越える方法や技能を身につけることをめざした治療法です。

 

集団の中で自分の問題を語ったり、あるいはほかの人の問題を聞いて、それに対して感じたことを発言する中で、自分の感じ方や反応の仕方を知ることができます。また、集団で話し合って同じ悩みを共有することによって、孤独感をやわらげることができ、ほかの患者さんとの一体感を感じることができるのも集団精神療法の効果の一つです。

 

集団精神療法は、統合失調症以外にも、うつ病、アルコール依存症などの心の病気に効果的な治療法です。


【スポンサードリンク】

関連ページ

統合失調症の適切な治療を受けるのは、まず専門医を探しましょう
統合失調症の患者を病院に連れていく方法
統合失調症は似た病気があるので診断には慎重な見極めが必要です
統合失調症の治療は通常は通院して行います
統合失調症の治療の基本方針は薬物治療とリハビリです
統合失調症の急性期の治療は静かな環境でしっかり休息することが大切です
統合失調症の慢性期の治療はリハビリを並行しながら進めます
統合失調症の薬物治療に使う抗精神病薬は副作用の少ない非定型抗精神病薬が主流です
抗精神病薬の使い方とで減量していく方法はゆっくりと行うことがポイントです
抗精神病薬には危険な副作用もあるので注意が必要です
統合失調症では抗精神病薬のほかにも色々な薬が使用されます
薬が使えない場合は電気刺激による治療法を行います
統合失調症の生活のしづらさを改善するにはリハビリが必要です
統合失調症の歪んだ認知を改善する認知行動療法
認知機能のリハビリは社会復帰のためにも重要です
生活技能訓練(SST)は認知行動療法に基づいたリハビリです
作業療法はリハビリとしても実績がありストレス解消に効果的です
デイケアは社会復帰に向けて積極的に活用したいリハビリの場です
統合失調症の治療で入院するのはメリットもデメリットもあります
統合失調症の入院形態の種類は任意入院と強制入院があります
統合失調症の患者さんで自覚が無い時は入院を拒否することもあります
統合失調症の入院施設には閉鎖病棟と開放病棟があります
統合失調症は症状が治まれば原則としていつでも退院できます
医師や病院と信頼関係が築けない場合は転院も選択肢の一つです