わかりやすく統合失調症を解説します | 統合失調症チェックナビ

統合失調症では入院して一時的に症状が悪化することもあるので慎重に検討しましょう

入院の準備をする看護師

 

入院が必要な場合はこんな時です

 現在、統合失調症の治療は、通院による治療が主流となっています。 それでも、患者さんの状態によっては、入院治療を考えなければならないことがあります。入院が必要になるのは、次のような場合です。

 

  • 幻覚や妄想などの陽性症状が激しく、他人を傷つけるおそれがあるとき。
  • 自傷行為や自殺を企てるおそれがあるといき。
  • 主治医が診察できないとき(受診拒否など)。
  • 外来治療をつづけても症状が改善しないとき。
  • 家では食事や睡眠がほとんどとれないとき。
  • 必要な服薬や療養ができないとき。
  • 生活リズムが非常に乱れているとき(昼夜逆転など)。
  • 入院治療を要する身体合併症があるとき(過量服薬による意識障害などを含む)。
  • 抗精神病薬の服用により入院が必要な副作用が生じたとき。
  • 適切な抗精神病薬と処方量を決めるため、こまかな観察が必要なとき。
  • 家族などによるサポート体制が得られないとき(家族が疲れきって支援できなくなったとき)。

 

 

【スポンサードリンク】

 

入院治療のメリットとは

次に、入院によって患者さんや家族が得られる主なメリットをあげてみます。

 

  • 日常生活から解放されて、気持ちを切りかえられるので、ゆっくり休息でき、体調の回復をはかれる。
  • こまかく状熊をみてもらえるので、薬の調整や検査がやりやすい。
  • 集中的に治療ができるので、症状が早く軽快しやすい。
  • 薬の副作用が出たときに迅速に対応できる。
  • 規則的な生活を送ることで、日常のリズムが戻り、自立しか生活行動が回復する。
  • 主治医や医療スタッフとの信頼関係を築くことができる。
  • ほかの患者さんと交流する機会ができる。
  • 病気と向き合う姿勢がととのう。
  • 家族との緊張関係が解消する。
  • 家族も休息がとれる。

 

 

入院治療のデメリットとは

入院が患者さんにあたえるマイナスの影響としては、次のようなことが考えられます。

 

  • 入院への抵抗感が強いときば、一時的に症状が悪化することがある。
  • 急性期では、入院して症状が落ち着くまでに約3カ月から数カ月かかるが、入院が長期になった場合、社会性や生活能力が低下するおそれがある。

 

入院にはこうしたマイナス面もありますので、安易に入院を考えることは避けたほうがよいでしょう。

 

現在では、仮に入院した場合でも、1〜6ヵ月で退院し、地域で社会生活をつづけながら外来へ通院するケースが全体の8割を超えています。


【スポンサードリンク】

関連ページ

統合失調症の適切な治療を受けるのは、まず専門医を探しましょう
統合失調症の患者を病院に連れていく方法
統合失調症は似た病気があるので診断には慎重な見極めが必要です
統合失調症の治療は通常は通院して行います
統合失調症の治療の基本方針は薬物治療とリハビリです
統合失調症の急性期の治療は静かな環境でしっかり休息することが大切です
統合失調症の慢性期の治療はリハビリを並行しながら進めます
統合失調症の薬物治療に使う抗精神病薬は副作用の少ない非定型抗精神病薬が主流です
抗精神病薬の使い方とで減量していく方法はゆっくりと行うことがポイントです
抗精神病薬には危険な副作用もあるので注意が必要です
統合失調症では抗精神病薬のほかにも色々な薬が使用されます
薬が使えない場合は電気刺激による治療法を行います
統合失調症の生活のしづらさを改善するにはリハビリが必要です
支持的精神療法とは統合失調症の患者さんを精神的にバックアップする治療です
統合失調症の歪んだ認知を改善する認知行動療法
認知機能のリハビリは社会復帰のためにも重要です
生活技能訓練(SST)は認知行動療法に基づいたリハビリです
作業療法はリハビリとしても実績がありストレス解消に効果的です
デイケアは社会復帰に向けて積極的に活用したいリハビリの場です
統合失調症の入院形態の種類は任意入院と強制入院があります
統合失調症の患者さんで自覚が無い時は入院を拒否することもあります
統合失調症の入院施設には閉鎖病棟と開放病棟があります
統合失調症は症状が治まれば原則としていつでも退院できます
医師や病院と信頼関係が築けない場合は転院も選択肢の一つです