わかりやすく統合失調症を解説します | 統合失調症チェックナビ

統合失調症では基本的な接し方は適度な距離をもってよく話を聞くことです

統合失調症の家族の心ない対応に傷つく患者さん

 

家族が心掛けるべき3つの点

統合失調症の回復のためには、家族の協力が欠かせません。家族の対応によって、患者さんの回復は大きく左右されるといっても過言ではありません。

 

 

統合失調症の再発は家族の対応が大きく影響しています」で述べたように患者さんの回復を促すために家族が心がけるべき点は主に次の3つです。

  1. 批判的になりすぎない
  2. 過保護になりすぎない
  3. 情緒的に巻き込まれない

 

 

批判的になりすぎないためのポイント

家族が患者さんに対して批判的になりすぎないためのポイントをあげてみます。

 

本人と病気とを区別する

患者さんが無気力に見えるのも、わがままに感じられるのも、病気の症状のせいであり、患者さん本人に問題があるわけではありません。また、この病気は患者さんの努力やがんばりで克服できるものではありません。

 

高望みをしない

回復を急ぐあまり、家族が高い目標を設定すると、つい患者さんに無理なことを要求しがちです。あせらずに長い目で見守ることが必要です。

 

ゆっくり一歩ずつ

希望を持って、目の前の小さな目標を一つ一つ達成することを目指しましょう。回復のスピードは人によってまちまちです。再発しないように回復していくためには、患者さんのベースに合わせて、一歩一歩進んでいくことが大切です。

 

患者さんの話をよく聞く

家族は、幻聴や妄想などに過剰に反応しないように注意し、じっくりと話を最後まで聞き、その真意を理解するように努めることが大切です。

 

対立はできるだけ避ける

統合失調症の患者さんの考え方や見方はふつうと違うところがあります。どちらが正しいかだけを問題にすれば、無用な対立と不和を生むだけです。対立しそうになったら、家族はI歩引き、なぜ患者さんがそう思うのかを冷静に考えて対応することが大切です。

 

「しつけ」ではなく「交渉」を

朝はきちんと起きなさい、服を着替えなさいなど「しつけ」ようとする家族がいますが、患者さんは見下されたと感じ、反発を覚えるだけです。上から目線でしつけるのではなく、対等な立場で患者さんと「交渉する」気持ちで接すれば、言使づかいもていねいになり、何とかわかってもらおうと努力します。そのような態度に接すると、患者さんは「大人として扱われている」と感じます。

 

【スポンサードリンク】

 

過保護になりすぎないためのポイント

家族が患者さんに対して過保護になることは、患者さんの自立をさまたげます。過保護にならないためのポイントをあげてみます。

 

自分でできることは自分でさせる

回復期に入ったら、身のまわりのことなど、自分でできることはなるべく自分でさせることが大切です。ともすると、家族は過保護になって世話を焼きすぎる傾向にありますが、本人ができることにまで手を貸していると、世話をしてもらうことがあたりまえになっていつまでたっても自立できなくなります。

 

統合失調症は社会・生活機能が低下する病気なので身のまわりのことを自分ですることが治療につながります。病気が治ってから自立的生活を考えるのではなく、病気の回復過程から自立を目指すという考え方が大切です。

 

また、患者さんも、自分でできることがふえていくと、生活する自信がついてきます。

 

患者さんとの間に適度な距離感を保つ

家族は、患者さんを保護することと自立心を育てることのバランスを考えながら援助をする必要があります。干渉しすぎたり、過保護になることは再発の原因にもなるといわれます。ささいな行動をいちいちチェックしたりすることは、患者さんには大きなストレスとなります。

 

家族は、患者さんとの問にほどよい距殷感を保ち、患者さんの回復に伴走する気持ちで接することが大切です。

 

 

情緒的に巻き込まれないためのポイント

家族は患者さんを、病気だからとついつい甘やかしてしまいがちです。大げさで情緒的な反応、過保護な対応、極端な自己犠牲は、家族が苦しみに巻き込まれすぎているサインです。それを避けるためのポイントをあげてみます。

 

いっしょに興奮しない

患者さんは、感情が高ぶると、相手のいっていることを頭の中で整理するのが困難になります。こういう場合に議論してもかみ合いません。そのことを理解していれば無用な口論は避けられます。患者さんが興奮しているときは、気持ちがしずまるまで待ちましょう。

 

家事手伝いなど役割をはっきりさせる

患者さんと話し合って、食事のあとかたづけをまかせるなど、家庭内の仕事や手伝いをしてもらうことは患者さんにとって意味あることです。自分は家族から世話を受けるだけの存在ではなく、たとえ少しでも家族の役に立つことをしているという自覚を患者さんが持つことは、本人のあせりの気持ちをやわらげ、家族との関係をよい状態に保つことにもつながります。

 

 

患者さんのペースを尊重する

患者さんがすることは、多少時間がかかっても、できるだけ干渉しないで患者さんのやり方を尊重しましょう声をかけないと動かないような場合でも、頭ごなしに「命令」するようなことは避け、あくまでも自分の意思で行えるようにします。やり方がぎこちないと、家族はつい手助けをしたくなりますが、まずは見守ることが大切です。

 

できたことはほめ、感謝する

家族にとってはできてあたりまえのことでも、患者さんにはむずかしいことが少なくありません。多少のミスには目をつむり、できたことやよかった点をほめ、感謝しましょう。自信喪失している患者さんにとって、家族の感謝や励ましは、何よりの支えとなります。

 

 

患者さんとコミュニケーションをうまくとるコツ

統合失調症の患者さんは、考えをうまくまとめることができなかったり、考えがあちこちに飛んで、そのためほかの人とコミュニケーションをとることがむずかしくなります。家族がそうした患者さんとコミュニ
ケーションをとり理解を深めるためのポイントをいくつかあげてみます。

 

聞き上手になる

患者さんに対しては基本的に「受け身」で接することがポイントです。もしも患者さんが何か話そうとしたときには、話をじっくり最後まで聞いてあげましょう。話に相づちを打ったり、わかりにくいときには、「いま○○といったのは、どういうこと?」などと確認の質問をしたり、話が終わったら患者さんがいったことをくり返したりすれば、患者さんは自分の話を聞いていてくれるという満足感を覚えるはずです。

 

わかりやすく伝える努力をする

「話すことは1つにしぼる」「あいまいな表現を避ける」など、会話の内容をできるだけ複雑にしないことがコツです。また、簡潔で、意味のはっきりした言葉を使うことも大切です。

 

患者さんを子ども扱いしない

いってもわからないからと、患者さんを子ども扱いしては、よいコミュニケーションは成り立ちません。患者さんが理解したり判断できることは多いものです。家族自身の「会話力」が問われます。

 

不必要な恐怖感を持たない

病気をこわがっているのは、実は患者さんのほうです。家族が患者さんに対してこわがったり、おどおどした態度を見せれば、会話もうまくいきません。率直に、包みかくさずに話すようにしましょう。

 

 

 

コミュニケーションのコツ

 

 

患者さんの話は最後まで聞く

早飲み込みをして途中であれこれいうのはやめましょう。がまんして聞くことです。

 

話がちぐはぐになっても、いちいち注意しないようにして、ゆっくり聞く

患者さんは気が散りやすいのです。

 

一度にひと言だけいうようにする

同時にいろいろなことをいうと、患者さんは理解できず混乱してしまいます。

 

患者さんにわかるように、はっきりと話し、伝えるようにする

あいまいないい方をすると、患者さんは言葉の意味が飲み込めず、誤解したり疑ったりします。

 

いってもわからないなどと、子ども扱いをしないようにする

    患者さんが理解したり判断できることも多いのです。          、

 

患者さんといっしょになって興奮しないようにする

あたたかく大きく包み込み、気がしずまるのを手伝ってあげることです。

 

不必要な恐怖感を持たないで、包みかくさず率直に話すようにする

わけがわからず、こわかっているのは患者さんのほうです。

 

1歩1歩、2歩進んで1歩後退、それでもあせらず長い目で見守る

慢性の病気ですから、治るのも時間がかかります。

 

乱暴なことに対しては、はっきり注意する

患者さんは自分を抑えるのが苦手ですから、手伝うようにします。

 

様子がいつもと違うときは、早く主治医に相談する

患者さんに限らずご自分では自分のことに気がつきにくいものです。落ち着いたときに病気のことについて話し合い、よく理解し合っておくようにしましょう。


【スポンサードリンク】