わかりやすく統合失調症を解説します | 統合失調症チェックナビ

統合失調症では家族は患者さんの気持ちがわかるように心がけましょう

統合失調症の患者さんが怒っている様子

 

対応を誤ると症状が悪化します

統合失調症の患者さんといっしょに暮らす家族は、当然患者さんと接する時間が長くなり、日常生活のさまざまな場面で、どう対応したらよいか迷うことが出てきます。

 

対応の仕方によっては、関係がぎくしゃくしたり、病気を悪化させてしまうこともあるので、注意が必要です。家族を悩ませることが多い患者さんの困った行動とその対処法を次に述べてみます。

 

ぼんやりして、元気がない

「ぼんやりして、元気がない」のは病気のせいです。しかったり、「元気を出して」などと励ますのは、患者さんを追い詰めることになり逆効果です。いまは消耗した体力を回復させ、エネルギーをたくわえる時期と考え、あせらず気長に見守るという姿勢が大切です。

 

処方通りに薬を飲まない

服薬の中断は再発につながり、非常に危険です。処方通りに飲まないのは、患者さんに病気だという自覚がないか、副作用がつらくて飲めないという場合が考えられます。後者の場合は、薬を変更するなどの工夫ができますので、いずれにしても主治医に相談しましょう。

 

生活のリズムが乱れている

生活リズムの乱れは、病気のせいだけでなく、病気の結果将来に希望が持てずこ自暴自棄となっているためとも考えられます。主治医に現状を伝え、本人もまじえていっしょに対処法を考えていきましょう。

 

【スポンサードリンク】

 

暴力をふるう

程度の軽い暴力や暴言は、家族など身近な人に向けられることが多いのですが、その背景には、家族に自分の思いが伝わらないことへの不満やあせりがあります。家族は、患者さんの言葉に耳を傾け、落ち着いて共感を示しましょう。また。患者さんと「ほどよい」距離を保つことも大切です。

 

統合失調症の患者さんは、自分を抑えることが苦手です。乱暴なふるまいをしたり暴言を吐いたら、「それはいけない」とはっきり注意しましょう。

 

相手に危害を加えるような深刻な暴力は、多くは服薬の中断などで症状が悪化した場合に起こります。ただし、急にそうなるというより、したいにエスカレートして暴力をふるうことが多いので、早い段階で患者さんを落ち着かせることが必要です。

 

もし、家族が身の危険を感じるような場合は、すみやかに警察や医療機関へ救援要請をしましょう。

 

自殺をはかる

急性期に、幻聴や妄想が原因で自殺をはかったような場合は、薬で症状を抑えることが大切です。薬はこのような陽性症状にはよく効きます。統合失調症では、急性期の激しい陽性症状がおさまったあと、精神的エネルギーが枯渇したかのように無気力になることがあります。

 

これを「精神病後うつ状態」といいますが(「統合失調症の陰性症状とは精神的エネルギーが低下した状態です」参照)、このときに「死にたい」という思い(希死念慮)が生じることがあるので、注意しなければなりません。少しでもおかしな様子が見られたら、主治医に相談することが必要です。

 

リハビリについていけない

患者さんがリハビリについていけないと感じるめは、薬の副作用がつらくてという場合もありますので、患者さんの話をよく聞いて、薬のせいであれば主治医に相談しましょう。

 

変な声が聞こえる

幻聴は、家族には「ありえないこと」でも、患者さんは現実のこととして確信しています。理屈で説得しても効果はありません。否定したりすると、「敵の味方をしている」と家族に不信感を持つようになるおそれもあります。

 

患者さんが幻聴などを訴えてきたら、「そうなんだ。そういう声が聞こえてくるんだね」と共感を示し、「反応するとかえって損だから、冷静になろう」と落ち着かせます。そして、幻聴や妄想には薬がよく効きますので、「先生に相談しよう」と提案しましょう。


【スポンサードリンク】